Givingではデザインの方向性は、直接ヒアリングかヒアリングシートで行います。

ヒアリングがデザインのクオリティを
決定すると言っても過言ではありません。
ヒアリングのご回答の文章を元に、
最終的に2、3個、多くても5つの単語に集約されるまで、
コンセプトとなる、
コアキーワードというべきものを発掘します。
コアキーワードを元にしたデザインは、
ターゲットに対してメッセージを与え続ける
コアキーワードから出来上がったデザインは、
とても理論的であるので、
完成したデザインはもちろん、
デザインを構成する要素である
「書体・色・形・線」などについては、
すべて説明が可能です。
なぜここまでするのか?
それは、ターゲットに対しての
訴求力が強くなるからです。
ただ何となく綺麗、カッコイイ、カワイイ
ではなく、
理論的で強いデザインは、
長く安定的に、ターゲットに対して、
メッセージを与えます。
さらに安定したバランスで
クオリティのアップ・飽きずに使用できる
また、何度見ても飽きないバランス、
安定したバランスというものがあります。
こちらも考慮するので、
最終的な形のクオリティがアップします。
そして、バランスが安定している為、
使用している当人も長い間、

飽きずに使えます。

 

Information————————

個人・小さな事業の為の効果的なブランディングと
WEB集客・ファンづくりを加速していただく為の
お役立ち情報を発信中!

[line@] http://goo.gl/ccE8E1(スマホから)

[メルマガ] http://goo.gl/EmOCC4